この度は、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

香港、マカオ間を行きはフェリーで、帰りはバスで行って帰ってきた人がオススメする話

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。

今日は、アジアからのお話です。

皆さん、世界で一番長い橋が香港とマカオの間にあるのをご存知でしょうか。

え、香港からマカオへはフェリーだけだと思ってた!

そうなんです、昨年の2019年に

港珠澳大橋」(こうじゅおおはし)という全長55キロの橋が造られました。

造り始めたのが、2009年なので10年もの歳月がかかりました。

長さを日本で比較すると、日本で一番長い橋がアクアブリッジで(東京アクアライン)

4384mなので、およそ12.5倍になります。

めっちゃ長い!!

よく橋を架けられたな…

写真で見るとこんな感じです。

青が橋、黒がフェリーのルートです。

フェリーで行くのも、橋で渡っていくのもそこまで時間は変わらないみたいですね。

香港➡マカオ(フェリー)

筆者はまず、香港からマカオへフェリーで移動しました。

香港フェリーターミナル

香港のフェリーターミナルは外観がホテルのようで、

よく確認しなければスルーしてしまいそうです。

写真真ん中の「中港城」がターミナルの意味です。

ちなみに、香港からマカオに行けるターミナルは2つあるのですが、

筆者が利用したのは「尖沙咀」にあるターミナルです。

ターミナル内でチケットが購入できます。

フェリー会社がいくつかあるので、並ばずに購入できます。

チケットを手に入れました。

値段がHK$186、日本円で、約2600円です。(2020年3月24日レート)

さて、出国ゲートを抜けて、早速フェリーに搭乗です。

長い通路です。
外には香港のビルが。

搭乗前に腹ごしらえ、新幹線に乗る感覚で購入したMacDonaldの朝マックを食べます。

誰もご飯を食べている人は周りにいませんでした…

歩いてたら、傾いてた…

搭乗口を通過し、

さて、ここから1時間30分の船旅です。

中型サイズのフェリー、高速船って感じです

シュッ

トン

はい、マカオに着きました!!

フェリーはフェリーで高速船なので、揺れる時があります。

感覚で言うと、新幹線に乗る感覚で乗れます。

一応、国際線ですが、サッと乗れて、サッと降りれます。

ちなみに、余談ですが、

マカオのフェリーターミナルからマカオの中心街に行くには、

カジノが運営する無料シャトルバスの利用が良いです!

色々なシャトルバスが停車していますが、宿泊者ではなくても利用できるので

利用してみてください。

Emperor Palaceのバスを利用しました。

マカオ➡香港(橋、バス)

次は、折り返しのバスです!

筆者が行った当初は、完成してまだ5ヶ月とかだったので、少し不安でしたが…

簡単に、バスターミナルの情報です!

大きなバスターミナルで、24時間営業ですが、ターミナル内にお店やお土産屋さんは

ほとんどありません。

注意が必要です!

ここでも、チケットカウンターでチケットを購入します。

基本的に、カジノの無料シャトルでこのターミナルまで来るので、

無料シャトルバスに乗車人数が少ない場合、すぐに購入できます。

チケットの値段が日中はHK$65 、夜間がHK$70です。

フェリーの3分の1ほどの値段で利用できますね!

搭乗ゲートまでくそ遠い…

さて、搭乗ゲートへ向かいます。

そして、バスに乗り込めばいよいよ出国です。

大きな高速道路の料金所のような所を抜けて、

あとは、およそ1時間30分のバス旅です。

当たり前ですが、橋の周りは海しかないので真っ暗です。

ずっとトンネルの中にいるみたいです。

こんな感じで、香港に到着します。

この橋は、

当時は、高速バスのみ利用できる橋でしたが、今後は一般の利用もできるようになるみたいです。

フェリーVSバス どちらがお得か!

ちなみに、フェリーとバスの比較ですが、

コストの面ではバスの方が断然お得です!

また、立地的な面では、香港国際空港から直接マカオへ行く場合はバス

香港中心地からマカオに行く際はフェリーがおススメだと思います!

その逆もしかりです!

香港もマカオもそれぞれに魅力がたくさんなので、是非訪れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました